Wor(l)d Global Network[出金方法]

 

Wor(l)d Global Networkのコミッションは全て国外での発生となるため、

出金をするには海外からの引出しの作業が必要になってきます。

 

面倒な作業のように思えますが、Wor(l)d Global Networkの引出しは、一度設定しておけば次回から自動で振り込まれるようになります。

※自動振込設定をした場合です。

 

ここでは引出しの流れや設定、自動振込設定を説明します。

 

 

引出しの流れ

Wor(l)d Global Network⇨E Wallet⇨自分の口座

f:id:komeski:20170410085213p:plain

 

 

引出し作業提出物

E Walletへ銀行通帳、

Wor(l)d Global Networkへ銀行通帳・身分証明書(免許証orパスポート)・政府発布公的書類(保険証など)のデータを提出します。

※各々の有効面の画像を提出します。

f:id:komeski:20170410085659p:plain

 

 

引出し方法>E Walletサイド作業

E Walletでアカウント作成をし、銀行通帳画面を提出します。

E walletアカウント作成をします。

 

1.[BACKOFFICE]→[Accouting]→[My IPayout]

f:id:komeski:20170410090528p:plain

f:id:komeski:20170410090956p:plain

 

2.[LOGIN]をクリックします。

f:id:komeski:20170410091346p:plain

 

3.【STEP1】画面右上で言語を変えられるので、[ENGLISH]→[日本語]にします。

入力されている個人情報が合っているか確認し、【Email Language】を日本語に変えます。

f:id:komeski:20170410092301p:plain

f:id:komeski:20170410092819p:plain

 

4.【STEP2】2カ所にチェックを入れます。

f:id:komeski:20170410093124p:plain

 

5.【STEP3】PINコード(確認コード)を決めて入力します。

※PINコードは4〜10桁の数字で設定します。

 

3つの異なる質問に対する答えを入力します。

※セキュリティのため、3つのパスワードを設定する作業です。

※質問と答えはメモしてなくさないでください。

f:id:komeski:20170410093956p:plain

 

6.着金時のお知らせメール通知設定をします。

通知を全て『どちらも』にし、チェックを入れます。

先ほど設定したPINコードを入力し、【アップデート】をクリックします。

f:id:komeski:20170410094806p:plain

f:id:komeski:20170410095323p:plain

E Walletのアカウント設定は完了です。

 

 

E Walletへ銀行口座情報を設定します。

 

1.【現金を引き出す】をクリックします。

f:id:komeski:20170410095931p:plain

 

2.【STEP1】銀行口座情報を入力します。

※数字やハイフンは半角で入力します。

f:id:komeski:20170410101422p:plain

※アカウントナンバーは支店コード−(ハイフン)口座番号を入力します。

SWIFTコードはそれぞれの銀行のHPに記載されています。

下の画像はみずほ銀行HPのSWIFTコード掲載例です。

f:id:komeski:20170410102304p:plain

 

3.【STEP2】銀行名や支店住所が反映されていない場合は、ローマ字で入力していきます。

※下の画像は三井住友銀行の例です。

※銀行名/支店住所のローマ字表記は、それぞれの銀行のHPに記載されています。

個人情報が合っているか確認し、画面一番下のボックスにチェックを入れ、【次へ】をクリックします。

f:id:komeski:20170410103219p:plain

f:id:komeski:20170410103954p:plain

 

4.個人情報が合っているか確認し、チェックを入れて【終了】をクリックします。

f:id:komeski:20170410104304p:plain

銀行口座情報設定は完了です。

 

 

銀行通帳のデータを提出します。

 

1.銀行口座認証について説明がされています。【次へ】をクリックします。

f:id:komeski:20170410105026p:plain

 

2.【文書のアップロード】をクリックします。

f:id:komeski:20170411093052p:plain

 

3.銀行通帳の写真を撮り、ドラッグします。

※サイズは4MB(4,069KB)以下のもの。

※下の画像は写真例です。銀行の会社印が入っている面を提出します。

f:id:komeski:20170410110533p:plain

f:id:komeski:20170410110000p:plain

銀行通帳のデータ提出は完了です。

f:id:komeski:20170410111118p:plain

 審査承認は3〜4営業日かかります。

 

 

引出し作業>Wor(l)d Global Networkサイド作業

Wor(l)d Global Networkで銀行口座データを設定します。

身分証明書政府発布公的書類(がベストです。保険証など。公共料金の請求書など住所がわかるものでも可)・銀行通帳のデータを提出します。

 

身分証明書のデータを提出します。

 

1.[BACKOFFICE]→[PROFILE]→[Documents]

f:id:komeski:20170410112423p:plain

f:id:komeski:20170410112559p:plain

 

2.【ACCESS NOW】をクリックします。

f:id:komeski:20170410113129p:plain

 

3.文書アップロードのページになります。画面右上で[ENGLISH]→[日本語]に変えておきます。

f:id:komeski:20170410113207p:plain

 

4.提出するものを選択します。

■今回は身分証明書なので、免許証orパスポートを選択します。

■【アカウント選択】では、N/Aを選択します。

※身分証明書や住所証明書類の場合はN/Aを選択します。

f:id:komeski:20170410113514p:plain

f:id:komeski:20170410113930p:plain

 

5.身分証明書の写真を撮り、アップロードします。

※下の画像は、パスポート写真の例です。

f:id:komeski:20170410115352j:plain

f:id:komeski:20170410114708p:plain

身分証明書の提出は完了です。

f:id:komeski:20170410115614p:plain

審査承認は3〜4営業日かかります。

※不備があった場合は、BACKOFFICEに表示されます。 その場合は、早急に不備部分を訂正処理(再度アップロード)してください。 

 

 

政府発布公的文書(がベストです。保険証など。公共料金の請求書など住所がわかるものでも可)のデータを提出します。

 

1.①身分証データの提出 での作業と同様に、公的文書のデータを提出していきます。

(①の作業完了後は、下画像の画面になっています。TOP画面から行く場合は[BACKOFFICE]→[PROFILE]→[Documents]→【ACCESS NOW】クリック→)

 

■政府発行身分証明書を選択します。

■【アカウント選択】では、N/Aを選択します。

※身分証明書や住所証明書類の場合はN/Aを選択します。

f:id:komeski:20170410121132p:plain

f:id:komeski:20170410113930p:plain

 

2.政府発布公的文書の写真を撮り、アップロードします。

※下の画像は、国保の写真例です。

f:id:komeski:20170410122020p:plain

f:id:komeski:20170410114708p:plain

政府発布公的文書の提出は完了です。

f:id:komeski:20170410115614p:plain

審査承認は3〜4営業日かかります。

※不備があった場合は、BACKOFFICEに表示されます。その場合は、早急に不備部分を訂正処理(再度アップロード)してください。

 

 

銀行通帳のデータを提出します。

 

1.上記①・②での作業と同様に、銀行通帳のデータを提出していきます。

(①・②の作業完了後は、下画像の画面になっています。TOP画面から行く場合は[BACKOFFICE]→[PROFILE]→[Documents]→【ACCESS NOW】クリック→)

 

■銀行取引明細書を選択します。

■【アカウント選択】では、コミッションを振込んでもらう銀行口座を選択します。

f:id:komeski:20170410123021p:plain

f:id:komeski:20170410123447p:plain

 

2.銀行通帳の写真をアップロードします。

(E Walletでの作業で撮影したものを使うと楽です。)

f:id:komeski:20170410110533p:plain

f:id:komeski:20170410114708p:plain

銀行通帳の提出は完了です。

f:id:komeski:20170410115614p:plain

審査承認は3〜4営業日かかります。

※不備があった場合は、BACKOFFICEに表示されます。その場合は、早急に不備部分を訂正処理(再度アップロード)してください。

 

審査承認が全て完了すると、ステータスが下画像のようになります。

[BACKOFFICE]→[Profile]→[Documents]で確認できます。

f:id:komeski:20170410134016p:plain

E Walletサイド作業・ Wor(l)d Global Networkサイド作業の審査承認が全て完了すると、3者間(Wor(l)d Global Network⇔E Wallet⇔自分)の紐付けが自動で行われ、引出しができる状態になります。

 

 

 

コミッション自動振込設定

Wor(l)d Global Networkでは、コミッションを自動振込に設定することができます。

(※上記の審査承認が全て完了すると自動振込の設定が出来るようになります。)

コミッションが入る毎に自動振込される設定にしておくと、毎回手間がかからず楽です。

 

Wor(l)d Global Networkサイドの自動振込設定をします。

[BACKOFFICE]→[Accounting]で、【The transfer is now set on:】の選択肢を【AUTOMATIC】にします。

f:id:komeski:20170410133433p:plain

Wor(l)d Global Networkサイドの自動振込設定は完了です。

 

 

E Walletサイドの自動振込設定をします。

1.[BACKOFFICE]→[Accounting]→[My IPayout]→【LOGIN】

f:id:komeski:20170410090528p:plain

f:id:komeski:20170410090956p:plain

f:id:komeski:20170410091346p:plain

これでE Walletにログインしました。

 

2.【自動転送 Set】の[詳細を見る]をクリックします。

f:id:komeski:20170410131337p:plain

 

3.オプションのダイアログが出てきますので、[編集]をクリックします。

f:id:komeski:20170410131742p:plain

 

4.【すべての委員会のペイアウト】を選択します。これは、コミッションが入る毎に振り込みされるという意味です。

PINコードを入力し、[Set as Automatic Transfer]をクリックします。

f:id:komeski:20170410132745p:plain

E Walletサイドの自動振込設定は完了です。

 

出金方法をまとめた動画⇩

 

 

登録はこちらからできます↓

http://mitsuru333.worldgn.com